アドセンスブログのマイナー過ぎな内容記事 記事公開!

 

 

ロータスエリーゼはオープンカー 雨漏りするの?故障は?

 

 

今回は、ロータスエリーゼは
オープンカーだけど、雨漏りするの?というお話をしたいと思います。

 

我が家にやってきたロータスエリーゼの話です。

 

 

私は東日本大震災の後、いつ何が起こるか分からないからやり残した事がないようにと

一生に一度は乗ってみたいと夫婦でワンルームアパート住まいで、サバ缶食べながら中古のロータスエリーゼを購入しました。

 

今は価格が高騰していますが、かれこれ10年近く前なので、その頃は底値で普通の国産を買うくらいの価格でした。

 

それでも 我が家はサバ缶 ワンルームに青空駐車場でロータスエリーゼでした。

 

私は学生の時からガソリンスタンドでアルバイトをしていてガソリンの匂いが大好きなちょっと変わり者です^^

 

オープンカーは雨漏りするの?

ロータスエリーゼはどう?

と気になる方の少しでも参考になりますように。

ロータスエリーゼはオープンカー雨漏りってするの?

結論からお話すると、雨漏りします!!!

 

多少なりとも、します。

 

結論

『するけど我が家の個体は気にするほどじゃなかった!』

です。

 

我が家の車は、青空駐車場の悪天候にさらされていました。

 

まず、大前提として車は、特に中古車は状態が1台1台違います。

 

なので、

我が家の個体のお話になりますので、参考程度にご覧くださいね。

 

購入検討の際に中古車屋さんのおじさんに、

『雨漏りとかしますよね?』

 

と聞いたら…

おもむろにホースを持ってきて車に水をバンバンかけ始めました。

 

ゲリラ豪雨だとこんな感じかな? と、

水、強力噴射!!!

 

豪快ですね。

 

ほら?全然雨漏りしないでしょ?

 

と、確かにビチョビチョには なりませんでしたが・・・

 

閉まったガラスから内側にツゥ〜と水の筋が。

 

そして室内に 溜まってます。

 

ちょっと…

まぁまぁ入ってきてますけど・・・。

 

その車は購入せず、

別の機会に別の個体を購入しましたが、同じようにこのくらいは雨漏りしました。

 

ロータスエリーゼは、色々と簡素化された車です。

 

もともと内装のフェルトも付いていません。

 

こんな感じですね。↓

ドア側のこの黒い長細い横の部分(サイドステップ)が濡れる程度です。

 

濡れたり、雨漏りしたら雑巾で拭けば良い!

我が家は普通に雑巾で拭いていました。

 

 

内装のフェルトが付いていると、雨漏りした時に染みて中々乾かず、車の中が湿気て窓ガラスが曇ったりします。

 

そのまま濡れたままですと、内装のフェルトがカビます。

最悪です。

でもロータスエリーゼはその点安心。

 

 

ロータスエリーゼの我が家の雨漏りの感想は、

拭くのが楽チンなのでそんなに気にしなくても良かったね!

でした。

 

少し入って来ていても、拭けば良いだけって思ったら私は全然気になりませんでした。

 

どの程度を気にするかは個人の感覚ですのでなんとも言えませんが、私も主人も平気でした。

 

これより前の古いエリーゼを乗っている先輩の車は 沈没する船みたいでした。笑

 

チャポチャポと水槽みたいに雨漏りした水がたまっていました。

その個体が良くなかったのかもしれませんね。

 

ロータスエリーゼ 故障はどう?

我が家の個体は、故障は特にありませんでした。

 

我が家の年式は、トヨタのカローラのエンジンが積んであるタイプでしたので、

エンジン系統は 先代のローバーエンジンのものよりは安心感もありました。

 

そして、もともと趣味性の高い車なので、大事にお部屋(屋根あり駐車場)に保管されていた経歴の車も多いです。

 

手荒にメンテナンスもしないで乗り潰した車は少ないです。

 

ただ、中古車で、乗らなすぎ(ほとんど走行距離が伸びていない)場合、

エンジンが元気なかったり、バッテリーが元気なかったりはあるかもしれません。

 

また、最近ではサーキット走行等で酷使した中古車も増えてしまいました。

 

もし購入検討されている場合には、車の状態等購入前にしっかり確認することをおすすめします。

他のメーカーのオープンカーは雨漏りするの?

他のオープンカーって雨漏りするんでしょうか?

 

順番に見ていきましょう。

 

そもそも、オープンカーって雨漏りするの?ってお話ですが、結構します。

 

普通にします。笑

 

雨漏りしづらいオープンカーは?

ただ、雨漏りが比較的しないメーカーの車のもあります。

ポルシェです。

 

私は前職カーディラー勤めでしたので、他ディーラーの車を色々見たり試乗したりしています。

 

ポルシェのディーラーの顔なじみの営業マンさんに雨漏りするの?って聞いたら、ポルシェは絶対しません!と言われました。

 

絶対なんてこの世の中に無いとは思いますが、自信があるんでしょうね。

 

主人の幼なじみで、ポルシェのオープンカーボクスターを新車で購入して乗り回した人がいたのですが、確かに雨漏り皆無だったそうです。

 

YouTubeなどで、ポルシェの組み立て工場で車を作る所を見たのですが、本当に秀逸です。

 

ここまで徹底して精度の高いものを仕上げるドイツ人の職人魂に感服です。

 

感服し過ぎて ポルシェの組み立ての動画ばかり見まくっていた時期もありました。笑

 

この作りなら雨漏りしないかもしないなぁという精度です。

 

ただ、ポルシェといえど経年劣化には、

もちろん勝てませんね。

 

ウェザーストリップと呼ばれる窓とドアを密閉するゴムなどが弱ると

その部分が痩せて雨漏りしてくるかもしれません。

 

絶対ってないですもんね。

 

個体差もあります。

 

私がおばさんになるのと一緒で、車も歳を取ります。

 

一方 ロータスエリーゼは、手作り感満載のイギリス車。

 

イギリス人は雨降っても傘ささないらしいので、雨漏りなんて気にしないのかもしれませんね。

 

マツダ ロードスターは雨漏りするの?

国産で言えば例えばマツダのロードスター。

オープンカーです。

 

雨漏りは?というと…

実は我が家は歴代のロードスター6台を乗り継ぎましたが、どのロードスターも雨漏りしました。

ガッツリしました。笑

 

特に程度の悪い中古車は最悪です。

 

今でこそ価格が高騰していますが、一時期ゴミみたいな価格(5万とか10万とか)で乱暴に扱われた時期があります。

 

幌が敗れたまま放置されていたり・・・

そんな車は車内がカビくさくって、内装を剥いだら水がチャポチャポなんてこともあります。

 

我が家に来たポンコツさんは

納車されて乗った途端に、お肌がかゆくなっておかしいなーと思ったら・・・

雨漏りで内装カビて、サビていました。笑

 

こんな感じです。

おかしいなぁと、内装を全部ひっぺがした所です。

助手席のシートを取り外した様子です。

 

ひっぺがしたら、水がチャポチャポしていて内装はカビカビ、サビサビでした。

 

写真画像の上の方に見えるシルバーの箱みたいなものが、
車の脳みそ部分のECU(エンジンコントロールユニット)です。

 

配線がショートして断線したり、本体が錆びて壊れる寸前でした。

 

運が悪いと大事故につながっていたかもしれません。

これは、ディーラーへ言ってECU交換してもらいました。

 

これ我が家が買った、とあるロードスターの実情でした。

 

でも、ロータスエリーゼは、内装材がない分こんなことにはならないのでその点安心です。

 

車は簡素な方が良いです。

 

こんな風にオープンカーは、だいたい雨漏りがつきもの。

 

雨漏りは標準装備って思って乗れば、そんなに気になりません。

 

対策も多少なりともあります。

 

オープンカーの雨漏り対策は?

 

びっくりするほどジャンジャン水が入ってくるのは、窓ガラスの所のゴム(ウォーターストリップ)の劣化や、幌の穴や、幌の組み付けが悪い場合などが考えられます。

 

また、幌の排水の部分にゴミがたまってしまいやすい車もあります。

 

その辺りを調整したり、交換したら、言うほど気にならないレベルになることが ほとんどです。

さいごに

 

ロータスエリーゼは雨漏りするの?の記事はいかがでしたでしょうか?

 

こちらをご覧いただいていた方の中でオープンカー乗ってみたいけど、雨漏りがネックというあなた・・・。

 

もしも雨漏りが気になっていて購入に踏み切れないのであれば、正直もったいないなって思います。

 

もしも私の体験を読んでいただいて、
雨漏りの心配よりオープンカー乗ってみたいって気持ちが勝って、一歩踏み出していただけたら嬉しいです。

 

きっと楽しい経験になりますよ♪

 

私の一度は乗ってみたいなって思った車は、ロータスエリーゼでした。

 

名前も可愛いのにカッコいい!!♪

 

雨漏りが心配だからって諦めなくて良かったなって振り返ると思います。

 

参考にしていただけたら幸いです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

*人気ブログランキングに参加しています*  
クリックして応援していただけると とっても嬉しいです!  
↓  
おすすめの記事